お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年01月15日

ビブリア古書堂の事件手帖

ドラマ版”ビブリア古書堂の事件手帖”

こういう原作無視系実写化作品って

なんで日々生まれるんだろう?

って最近考えたことがあります。

ファンは喜ばないし、原作者もきっと嬉しくないだろうし

作品の肝は意図した通り受け手に伝わらないだろうし

誰得なんだろう、って。

ハリウッド版ドラゴンボールとかもね。


でも、逆転の発想で考えてみたんですよ。

どうしたら、理想の”実写化”ができるのかなって。

例えば、原作のイメージまんま…もしくはできるだけ

イメージの近い役者さんを用意する。

ストーリーを一切改編せず、台詞や場面の流れを

原作そのままで実写化する。


これ、作品にもよると思うんですが、

現実問題かなり難しいんじゃないかなと思うようになりました。

あと、作品としてみた場合に、凄く”つまらない”なと。

これは、原作まんまの実写化作品を見ればわかるんですが

別に実写で見る必要性がなくなっちゃうんですよね。

原作好きな人は特に。

と言うか、それこそ漫画とかをそのまま映像化するのであれば

ぶっちゃけアニメ化で充分なんです。

あと、映像化するにあたって、どうしても尺の問題もつきまといます。

特に映画化とかだと無視できない問題になります。

そりゃあ凄くヒットして、続編や数クール続くと言う前提で

映像作品が作れるならもう少し色々可能かも知れませんが

まだそこまで企画が持って行けない段階で映像化をしようとなると

どうしても決まった尺の中に、作品のエッセンスをまとめる必要が

出てくるわけです。

あと最初にも書きましたが、現実問題として

100%原作イメージに近い役者さんで耳を揃えるのは

難しいとも思います。僕は芸能界には詳しくないので分かりませんが

スケジュールや事務所の関係などで、起用したい人選が

制作期間中に全部確保できる方がまず難しいのではないかと。


…と言う様々な事を考えると、商業的にもそうですし

作り手側の作る意義(クリエイティブ精神)を考えると

今ある手札(人選)の中で如何に攻めの姿勢で

取り組むのかを考えるのがベストなのかなと思うようになったのです。


原作ファンにもそうでない人にも興味を持って貰えて、

尚且つ映像化後も何か機会があれば話題にして貰える。

尚且つ原作の購買層を広げることにも繋がる。


これって原作通りのイメージを追求して、

ストーリーをそのまま作ってまとめるだけじゃあ難しいでしょうね。

具体例で言えば、なんだかんだであまり話題にならなかった

逆転裁判の実写化なんかがそうです。

もの凄く忠実にゲームを再現した割には…の典型的なパターンではないかと。

結局ね、再現系で満足するのは原作ファンだけになりますから。

そして原作ファンはアニメなり原作なりを見ているのが一番

満足なのですから。それに、どんなに頑張っても

実写化する以上は、必ず原作ファンは不満を言うのは避けられません。


そんなこんなで僕は剛力彩芽は特に好きでも嫌いでもないんですが

(原作を無視した発言をしている点は好きではないです。)

それはさておいて、このドラマがこういうアプローチをすること自体は

当然だろうなと思っています。


原作が好きな人、ドラマを見て話題のドラマの原作に

興味を持った人は、是非原作の方を読めばいいんじゃないでしょうか。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
posted by トオル at 18:05| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

堀北真希

堀北真希が主演している梅ちゃん先生。

テレビの視聴率低迷が進む中、『梅ちゃん先生』が平均20%を記録。

戦後復興期の医師役を演じる主演、堀北真希への評価が高まっているそうです。

前作のおひさま大ヒットの時から、実家の母が大ハマリしてまして

その流れで今自然と梅ちゃん先生も見るようになっています。

堀北真希ですが、綺麗なのは勿論として今までのイメージを覆すような繊細な演技が光っていますよね。

いい形で年齢を重ねていってほしいなと個人的に思う1人だったりします。
posted by トオル at 11:48| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジすか学園

マジすか学園3 SKEの木崎ゆりあ、矢神久美ら期待の若手が出演決定

…だそうです。って僕普段全然ドラマとか見てないんですけど

3作続くってのはなにげにかなり凄いことですよね…!?

設定をよく読んだら3作目は未来の世界観なんだとか。

アニメ化もされたAKB、次作のマジすか学園はますます要チェックかもしれませんね。
posted by トオル at 09:17| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。